銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

世界の中央銀行、ドルから金へ、保有量が31年ぶり水準⁉️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

世界の中央銀行ではドルの存在感が薄れ、金が買われています。

投資としても金を買う必要があるのか🤔

世界の中央銀行や公的機関が外貨準備資産として金の保有量を積み増している。

2021年の総保有量は1990年以来31年ぶりの高水準に膨らんだ。

大規模な金融緩和などでドルの供給量は膨らみ続け、金に対する価値は大幅に切り下がった。

米連邦準備理事会(FRB)は金融引き締めに動くものの、各国中銀のドルに対する疑心暗鬼は拭えず、ドルから金への流れが続いている。

金は安全資産

「金はどの国の経済にも直結せず、世界の金融市場の混乱に耐える」。ポーランド国立銀行(中銀)のグラピンスキ総裁は9月、地元メディアに金買いの理由を話した。19年に100トン程度を購入し、足元でも買い増している。

金は米国債などのドル建て資産と比べ金利がつかないデメリットがある。それでも21年春に金準備を3倍の90トン超まで増やしたのがハンガリーの中銀。「金には信用リスクやカウンターパーティーリスク(取引相手の破綻リスク)がない」(同中銀)からだ。

金を購入する国が増えてきた

従来、金を大量に買う中央銀行は米国と政治的に対立してドル依存からの脱却を図るロシアなどに限られていた。

最近は自国通貨安に見舞われやすい新興国や、経済規模が大きくない東欧の中銀による買い入れが目立つ。

自国通貨の下落が続くカザフスタンは外貨準備に占める金の比率を大きく高めた。

金→ドル→金の歴史

中銀などによる金の保有量が増え始めたのは09年ごろ。それまでは金を売って米国債などのドル建て資産を積み増す動きが目立っていた。東西冷戦終結後に1強体制を築いた米国は90年代に好景気を謳歌し、ドル資産が生む収益力は魅力に映った。

ところが08年のリーマン・ショックでは米国債からも資金が流出して値下がりした。これをきっかけにドル建て資産に対する「信頼が揺らいだ」(マーケットアナリストの豊島逸夫氏)。

危機以降は大規模な金融緩和で米国の長期金利が低下。ドル建て資産を長期保有する利点は薄れた。

信用力の弱い新興国の中銀は「金で資産保全を図るようになった」(金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎氏)。

10年間で4,500トン以上を積み増し

国際調査機関ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると直近10年間で世界の中銀が積み増した金の量は4500トン超。

21年9月時点の総保有量は10年前比15%増の約3万6000トンとなり、31年ぶりの水準に膨らんだ。

ドルの存在感は低下

準備資産で金の存在感が増すのと対照的に、ドルの存在感は低下している。

世界の通貨別の外貨準備比率をみると、ドルの割合は20年に四半世紀で最低の水準となった。

金に対するドルの価値の長期的な低落も影響している。1971年に当時のニクソン米大統領が金とドルの交換停止を表明して以降の約50年でドルの価値は約50分の1になった。

ドルが金の足かせを解かれ、米国の通貨供給量が50年で約30倍に増えた結果だ。

足元でも新興国を中心とした金買いは収まっていない。21年は9月までにタイが約90トン、インドが約70トン、ブラジルは約60トンを購入した。

アメリカ利上げも、ドルより金

FRBは量的緩和の終了を明確にし、2022年から利上げする想定を示したが新興国中銀は「ドルより金」の姿勢を変えそうにない。

世界経済が緩和に慣れきっており、膨張した通貨の縮小は難しい。利上げでインフレを制御できるかも定かではない。

金利上昇に弱いはずの金価格は底堅さを保つ。

現物の金相場は12月24日時点で1トロイオンス1808ドル台。FRBが量的緩和の縮小を加速すると表明した15日の直前から2%上昇した。「ドルを持っていても報われないのでは」。ドルから金への流れは、ドルを基軸とした通貨体制への不安を映している。

所見

金融緩和で通貨が膨張、各国が警戒し金を買っている。

世界の通貨である「米ドル」より金の方が安全という流れになった場合、個人投資家として対応するにはどうしたら良いか。

金利が付かない金を買うべきか、

通貨が弱くなったとしても米国株か。

ドルと円では円安進行気味、こちらの記事を参照。

日銀総裁、「円安、家計にはマイナス」、輸入物価上昇に留意⁉️ メガバンク太郎 おはようございます❗️あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊 円安は家計所得にはマイ...
ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。