銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

危機こそバフェット流、相場混乱時に攻め⁉️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

投資の神様の考え方、少しずつ学ぼう🤔

ロシアのウクライナ侵攻を機に急落した米株式相場の中で、最低投資単位が約50万ドル(約5800万円)にもかかわらず気を吐く銘柄がある。

齢(よわい)91のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイだ。

昨年末比、8%高の好成績

昨年末比での株価騰落率は10日時点で8%高。

米S&P500種株価指数(11%安)を大きく上回る。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う金融緩和で相場全体が好調だった2020~21年は市場平均を下回っていた同社株だったが、危機の局面で浮上してきた。

単にバークシャーが鉄道輸送など景気変動に左右されにくい事業を展開するディフェンシブ株の側面を持つからだけではない。

バフェット氏が過去、ITバブル崩壊やリーマン・ショックといった危機を乗り越え、リターンを上げ続けてきたという実績も大きい。

銘柄ではなくビジネスを探す

バフェット氏に強い影響を受けたという資産運用会社、スパークス・グループの阿部修平社長は「危機でも揺るがない投資哲学に投資家は信頼を置いている」と話す。

哲学とは「優良成長株を本質的価値より安く買う」というものだ。

2月26日にバフェット氏が公開した21年の「株主への手紙」で改めて強調されていたのが、「銘柄を探すのではなく、ビジネスを探す」という原則だ。

バフェット氏が求めるのは短期的なリターンではなく、あくまで長期的な成長期待にある。

金融緩和では割安な優良株は見つからない

コロナ下の金融緩和で株価のバリュエーションが切り上がる中で、さしものバフェット氏も割安な優良株を見つけることが難しくなった。

その結果、バークシャー株のリターンはS&P500などを一時下回り、一部では「バフェットは衰えた」との声も出た。

ただ、波乱相場で株価水準が切り下がり、さらに米利上げが実施されれば、「バフェット氏はいいと思っている企業を果敢に買いに行くだろう」(スパークス・グループの阿部社長)。

バークシャーは相場の混乱を予期していた節がある。ウクライナ危機が本格化する直前の2月中旬、副会長のチャーリー・マンガー氏は米メディアに「遠い未来であってほしいが、ひどい株価下落は必ず来る」と語った。

盟友のマンガー氏の言葉はバフェット氏の言葉でもある。

過去最高水準に積み上がった現預金を生かし、危機にバフェット氏が再び動くとみる市場関係者は少なくない。

日本の商社株を買い増し

その兆しは出始めている。21年末のバークシャーの主力銘柄に「新顔」が現れた。三菱商事と三井物産だ。

バフェット氏は20年から日本の5大商社に投資しており、さらに持ち高を増やしてきたようだ。

バフェット氏の動向に詳しい、独立系ファンドマネジャーの石原順氏は「自社株買いの余力があり、割安な日本の商社株を買い進めている」と話す。

危機では株価が下がったところを買う

過去の危機では株価が下げたところでバフェット氏は果敢に動いた。

例えば、リーマン・ショック直後には「米国株を買っている」と宣言した。

著名投資家を分析するベテラン個人投資家のみきまるさん(ハンドルネーム)は「危機時に相場が恐怖に支配されたタイミングを見極めて買う点にこそ、神髄がある」と話す。

ウクライナ危機で原油価格が高騰した3月上旬には、米石油大手、オキシデンタル・ペトロリアムに巨額の投資を行った。

19年に同社の優先株を購入していたが、危機の局面で一気に買い増しに動いた格好だ。

タイミングに加え企業の『質』を見極める

タイミングに加えてもう一つ重要なのは、バフェット氏はブランド価値やビジネスモデルの強さといった、安定した収益力につながる企業の「質」を加味して、投資を判断するという点だ。

現在同社のポートフォリオの約半分を占め、運用成績を押し上げるアップル株への投資も、こうした観点で決断した。

裸一貫で巨万の富を築いたカリスマ投資家、バフェット氏は危機の今、何を考えているのか。最新の21年の「株主への手紙」からひもとく。

所見

危機の大きな下落時に、大胆に投資をする。

さらにブランド価値やビジネスモデルの強さである企業の『質』を見極める。

年始からの大暴落を、バークシャー・ハザウェイが8%プラスで推移している実績が物語っている。

トレンドなどの雰囲気に流されて投資をするのではなく、

しっかり考えて『質』へ『大胆』に投資する思考へ変えよう。

関連記事はこちら

バフェット氏の極意 「揺るがぬ哲学+柔軟性」の二刀流⁉️ メガバンク太郎 おはようございます❗️あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊 投資の神様、ウォーレン...
ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。