銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

ロシア大手銀行を国際決済網から排除、米欧が追加制裁⁉️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

ロシアへの経済制裁が最終手段に、

欧州は諸刃の剣となる🤔

米欧は26日、ロシアの大手銀行などを国際的な資金決済網から排除する追加の金融制裁を科すことで合意した。

各国政府が発表した。

ウクライナへの侵攻以降、段階的に制裁を強めてきたが、さらに大規模な制裁が必要と判断した。

国際決済網の国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除する。

ウクライナ侵攻が一段と深刻になり、慎重姿勢だった欧州連合(EU)が強硬姿勢に転じた。

SWIFTとは

銀行など金融機関を結ぶ情報通信サービスの運営団体。

Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication の略。

1973年に協同組合形式で発足し世界の銀行などの金融機関が出資している。

本部はベルギーにあり、200超の国・地域の1万1千以上の金融機関などが利用する。国境をまたいだ送金情報を電子的にやりとりするインフラで、海外送金の事実上の国際標準となっている。

かつては送金の連絡をテレックスなどでやっていたが煩雑な手続きを解消するために同一の規格をつくった。73年の発足当初は15カ国、239金融機関の参加にすぎなかったが、経済のグローバル化で国際的な送金量が増え、金融機関以外にも参加者が膨らんだ。SWIFT自体は決済や送金に伴う資金や口座を保有せず、送金指示の情報をやりとりする。

SWIFTから排除すれば国際送金ができなくなるため、近年は経済制裁の手段として注目を集める。イランの銀行は2012年、18年と2回にわたって米欧などの制裁を受けてSWIFTから排除された。民間団体だが欧州連合(EU)の議会による金融制裁の決定には影響を受ける。

基軸通貨ドルを握る米国もSWIFT自体を制裁対象にすることで、実態として参加金融機関の排除を求めることができる。

ロシアのSWIFT排除を合意

米英独仏イタリア、カナダの6カ国と欧州委員会が合意した。

SWIFTからの排除の対象になるのは、これまで金融制裁の対象となっていたロシアの大手銀行のほか、必要に応じてほかのロシアの銀行も追加する。

SWIFTから排除された銀行は、ロシア国外のすべての国との送金が事実上できなくなる。

ロシアの全銀行を対象にしたSWIFTからの排除は、欧州経済への影響が大きすぎるため見送った。

さらにロシアの中央銀行にも制裁を科し、外貨準備を使って金融制裁全体の効果を弱められないようにする。ロシアの通貨ルーブルの下支えを難しくする考えだ。

資産凍結など段階的に制裁を強めてきた

米欧日はロシアがウクライナに侵攻してから段階的に制裁を強めてきた。

米国はロシア最大手のズベルバンクや2位のVTBバンクなど主要5行、日本は軍需に強いVEBバンク、プロムスビャジバンク(PSB)、バンクロシアの中堅3行を対象に資産凍結や取引停止などの制裁を科す。

制裁対象のロシアの金融機関は同国の銀行資産全体の8割を占める。

ロシア金融機関は1日460億ドル利用

ロシアの金融機関は世界で1日あたり約460億ドル相当の為替取引を手掛け、その8割が米ドル建てだ。

SWIFTは全世界で1日あたり4200万件の送金情報を扱っており、このうちロシアの金融機関は2020年時点で1.5%を占めている。

SWIFT無し、メールなどを利用しか無い

SWIFTは世界中の銀行が出資する民間の非営利団体で、金融機関同士の決済や送金指示といった情報をやり取りする国際インフラだ。

SWIFTから排除されてもメールやファクスで送金情報を連絡できるが、セキュリティーが不完全なうえに膨大なデータを手作業で送信することになり決済情報の伝達ルートとしては極めて脆弱になる。

そのため、SWIFTは国際的な金融制裁の道具に使われることが増えている。

12年、18年にイランをSWIFT排除

イランの核開発計画で緊張が高まった12年と18年は、同国の銀行がSWIFTから排除された。

12年当時は米欧共同でのイラン制裁だったため、本部がある欧州連合(EU)がSWIFTにイランの銀行の排除を求めた。

18年は米国が単独でイランの50銀行を制裁対象とし、同国と取引すればSWIFTにも制裁を科すとしてSWIFTがイランの銀行のアクセスを遮断した。

SWIFTから締め出されたイランの国内総生産(GDP)は12年にマイナス7.4%、18年もマイナス6%といずれも前年のプラス成長から暗転した。18年は通貨リアルが6分の1に下落し、原油を中心とした輸出も3分の1に落ち込んだ。

ロシアからのガスなど輸入止まる痛手

SWIFTからの排除は制裁の効果を高める半面、ロシアからガスなどを輸入する海外の買い手にも痛手となる。

ガスなどの決済ができなければ輸出入は止まり、資源価格の高騰に一段と拍車がかかる可能性がある。

ドイツとイタリアの天然ガスのロシア依存度は5割前後と高い。

ロシアの輸出額は3800億ドル

米中央情報局(CIA)によると、ロシアの輸出額は20年に約3800億ドル。

19年時点の主な品目は石油や天然ガス、石炭など資源が中心だ。輸出相手国は中国(14%)、オランダ(10%)、ベラルーシ(5%)、ドイツ(5%)で欧州が目立つ。ロシア向けの与信残高はイタリアやフランスなど欧州勢が7割を占める。

ロシアへの金融制裁は欧州の銀行リスクになるため欧州中央銀行(ECB)など当局との連携も必要になる。

ロシア独自のネットワークSPFSは使えない

ロシアは14年のクリミア侵攻時に経済制裁を受けたことで、SWIFTに代わる独自のネットワーク「SPFS」を立ち上げた。

ただし利用はほとんどがロシア国内金融だといい、SWIFTを代替できる状況ではない。

中国も15年に人民元の国際銀行間決済システム(CIPS)を導入した。

日本金融への影響はほぼ無い

現地の日本企業への送金は影響が限られそうだ。三菱UFJ銀行など3メガバンクはロシアに現地法人を持っている。

ズベルバンクなどロシアの銀行を介さずにグループ内で取引できるため、制裁によって送金ができなくなることは現段階ではないという。

所見

SWIFTからの排除で、実質的に世界金融から排除される。

貿易ができなくなり、ロシアにとっては痛手のはず。

問題は、これでロシアの侵攻が止まるのか。

欧州はロシアから資源を輸入できなくなるが、耐えられるのか。

ロシアの侵攻が加速する可能性もある。

ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

POSTED COMMENT

  1. […] ロシア大手銀行を国際決済網から排除、米欧が追加制裁⁉️ メガバンク太… ABOUT ME メガバンク太郎 とあるメガバンクで働く15年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」 BLOG:https://salaryman-of-megabank.com […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。