銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

Twitterが買収防衛策導入 マスク氏提案阻止へ⁉️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

米ツイッターの取締役会は15日、敵対的勢力による企業買収を防ぐためのポイズンピル(毒薬条項)導入を全会一致で採択したと発表した。

全株式の取得を目指す米起業家イーロン・マスク氏の試みは、敵対的買収に発展した。

防衛策のポイズンピル

ツイッターが導入したポイズンピルは、特定の勢力が取締役会の承認がない取引によって15%以上の株式を取得した場合、そのほかの既存株主に有利な条件で株式を追加購入できる権利を与えるものだ。

マスク氏らが今後、株式を買い進めた場合に同氏らの出資比率を下げ、買収を困難にする効果がある。

有効期限は2023年4月14日

ポイズンピルの有効期限は2023年4月14日で、取締役会はすべての株主がツイッターの投資価値を最大限に実現できるようにすることを目的としていると強調した。

似た状況にある企業で一般的に導入されている仕組みに近いものだとしている。

支配権獲得の可能性を下げることが最善

ツイッターは今回の買収防衛策について「未承諾で拘束力のない提案を受けて採択された」と説明しているが、マスク氏に限らずあらゆる企業や個人、グループによる支配権獲得の可能性を下げるものだとしている。

取締役会が同社と株主にとって最善の利益だと判断した場合には、買収提案を受け入れることを妨げるものではないことも表明した。

マスク氏の目的は『言論の自由』

マスク氏は4日に約9%分のツイッター株を取得したと表明し、13日には残る90%超を1株あたり54ドル20セントで購入すると提案した。

買収費用は約400億ドル(約5兆円)に上る。

同氏は非公開化によってSNS(交流サイト)上の投稿管理の透明性を高めるなどの改革を進め、ネット上の「言論の自由」を守るのが狙いだとしている。

前向き姿勢から対立へ

マスク氏がツイッター株取得を表明した直後には、同社の取締役会は対話に前向きな姿勢を示していた。

いったんは双方が合意した同氏の取締役就任を取りやめにするなどの曲折をへて、1日当たり2億人超が使う大手SNSの経営権をめぐって両者は対立することになった。

所見

イーロン・マスクのTwitter取締役に就任、友好的な関係から、一転し敵対的買収へ発展。

ポイズンピルを乗り越えてもTwitter株の取得へ乗り出すのか、

マスク氏の資金調達方法も含めて、今後も注目のニュースだ。

関連記事はこちら

マスク氏、Twitterに買収提案 全株を取得⁉️ Twitterを買収提案 米ツイッターに約9%を出資する米起業家のイーロン・マスク氏が同社に買収提案したことが14日分かった...
ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。