銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

みずほ銀行、今年8度目のシステム障害、外為取引に387件遅れ!!

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

システム障害を繰り返すみずほ銀行、要因は何か🤔

みずほ銀行で9/30に、システムの不具合により387件の外国為替取引に遅れが出た。

同日付の処理を急いだが、一部は翌日に持ち越す可能性がある。詳細な原因は特定できていない状況。みずほが顧客に影響が出るシステム障害が明らかになるのは今年で8件目となる。

みずほ経営陣の末路はこちら

改善命令から1週間で発生したシステム障害

みずほ銀行では2002年、2011年にも大規模なシステム障害を起こしており、2019年に旧行のシステムを刷新し4,000億円をかけ新勘定系システム「MINORI(みのり)」を全面稼働させたが、今年に入りみのりに関するシステム障害が相次いでいる。重くみた金融庁は9月22日にみずほ銀行、みずほFGに業務改善命令を出した。みずほ銀行は「システムの安定稼働に全力で取り組む」との決意をあらわにしたが、わずか1週間で新たな障害が起きた。

【2021年 みずほ銀行のシステム障害一覧】

①2月28日ATMで通帳、キャッシュカードを吸い込み、出て来なくなる
②3月3日ネットワーク不具合でATM障害
③3月7日預金の預け入れが一時不能になる
④3月12日機器の不具合で外為取引に遅れが発生
⑤8月20日全店の窓口取引が停止になる
⑥8月23日ネットワーク不具合でATM130台が一時停止になる
⑦9月8日機器不具合でATM一時停止になる
⑧9月30日システム障害で外為取引に遅れが発生する

今回不具合が起きたのはみずほ銀行の外為取引システムと、銀行間の送金を担うネットワークをつなぐ部分で、決済が集中し負荷が大きくなったのが一因とみられる。

金融庁幹部は「処分から1週間ほどで再発し、厳しく受け止めている。まず復旧を最優先してほしい」としている。

所見

ここまでシステム障害が発生すると、「故意的に起こしているのか」と疑ってしまう。

ハッキングされシステムトラブルを起こす攻撃を受けている可能性もある。

そうではなく、単純にシステム不具合でのトラブルであれば、みずほのシステムが悪いのではなく、運営する人のレベルが低い可能性がある。一般的にはシステム部の人材は、長らくシステム部に在籍しプロフェッショナルとなっている。

例えば、営業現場から異動した素人集団が運営しているのではないか。

人事の責任とも言えるかもしれない。今回も含め、金融庁もメンツを潰されたので今後さらに厳しい改善命令などもありえる。

ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。