銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
倹約

ドケチ投資のすすめ‼️『リベンジ非消費』とは💡

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

ドケチ投資を始めたきっかけと、今の投資状況を報告します💰

ドケチ投資を始めたのは、

『極限まで節税したいから』です。

これは政府への挑戦状です。

子供を差別され我慢の限界に

政府からの18歳以下への給付金10万円が、年収制限(960万円)により対象外となりました。

子供が5人いるので、制限により50万円が0円となりました。

累進課税で、相当の税金を納めているのにも関わらず、子供が不平等な扱いを受けました。

絶対に許せません。

年収1,000万円程度は苦しい生活

ご存知の通り、年収は1,000万円を超えても、余裕のある生活はできません。

昨年はざっと計算しても累進課税により300万円以上は税金・社会保険料を納めています。

大家族でかさむ生活費、値上がりし続ける(だろう)教育費、住宅ローンの返済にも35年間も追われ、余裕があるとは到底言えない状況です。

児童手当は0円、高校無償化も対象外

元々、児童手当も年収制限により1人あたり月1万5千円→5千円に減額されていました。

さらに法改正があり児童手当は5千円→0円になることに。5人分の児童手当が出れば、年間90万円です。

高校無償化も対象外です。(大学の奨学金も対象外で借りれません)

15歳以下の年少扶養控除がなくなり、その代替が児童手当だったはずです。

家族のために頑張って働いても

子供が多いと将来不安もあり、頑張って仕事をします。

土日でも資格取得のために図書館で籠って勉強したり、タウンウォッチングで融資案件を探したり、家庭・子供には相当迷惑をかけたと思います。

会社からも多少評価され、収入も増えてきました。

ですが、その大半は納税しているだけという状況です。

追加でできる節税策は『消費税』、その名もリベンジ非消費

これまでも、ふるさと納税・NISAなどサラリーマンでできる節税は行っています。

この所得制限で失った50万円分は、追加の節税で取り返さないと気が済みません。

そこで、最終手段である『消費税』の節税を行うことにしました。

500万円の消費を抑えられれば、消費税50万円の節税になります。リベンジ非消費です。

倹約には目覚めていた

倹約のために、飲み会は行かない・ゴルフは行かない・車は持たない、等々は従来より実践しています。

こちらの記事を参照

飲み会のメリット、デメリットを真剣に考えたら答えが出ました❗️ メガバンク太郎 おはようございます❗️あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊 緊急事態宣言が明けて、...
ゴルフはやるべきか??今こそやめるべきか?? 社会人になってゴルフを始める方は多いと思います。 ご多分に洩れず銀行でも上司・先輩より「ゴルフやらないのか、やった方が良いよ」と...
マイカーは不要、カーシェアで十分‼️マイカーは金食い虫です。手放して4,000万円を手に入れましょう。...

ドケチ手法

リベンジ非消費は、まさに最後のドケチ手法です。

・コーヒーを我慢する

・自動販売機で飲み物を買わない

・10円でも安い食材を購入する

・土日は新聞を買わない(楽天で無料閲覧)等々

ドケチ投資を始めたことで、自分にかかる全てコストについて、少しシビアになった気がします。

楽しくケチるには

楽しく消費を抑えるために、節約できた金額をその場で投資へ回すことにしました。

100円節約できたら、100円投信を購入します。(SBI証券を利用)

その時の気分で投信の銘柄を選べる楽しみもあります。

そして、その気分で選んだ投信が日々どのように動くかも、投資の勉強になります。

損をしても、気になりません。無理やり節約して元々無かったお金だから、失っても痛くありません。

ドケチ投資状況の報告

ドケチ投資を始めて約1ヶ月、現在のドケチ投資額は13,199円(▲501円)です。

500万円まで残り4,986,801円、何年かかっても達成するまで続けるつもりです。

ドケチ投資のゴールは

ドケチ投資で溜まったお金は、迷惑をかけた家族のために使いたいと考えています。

(将来の子供の結婚費用など)

ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。