銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

コロナで入院給付金640億円 生保協、6月過去最高 

コロナ陽性で自宅に隔離されていても『みなし入院』扱い。

それで給付金が支払われる状況となれば、保険会社は相当厳しいのではないか。全体の保険料が上がるかもしれない。

6月、前年比12倍の保険金支払い

新型コロナウイルスの感染者が相次ぐなか、生命保険会社による入院給付金の支払額が急増している。

生命保険協会によれば、今年6月の支払額は640億円と単月として過去最高を更新した。

契約者が保険会社に給付金を請求するのは感染から1~2カ月後とされる。

これから感染第7波の影響が顕在化してくると支払額は一段と膨らみそうだ。

入院給付金は各社が取り扱う医療保険に付く保障で、病気やけがの治療で入院した場合に受け取れる。

加盟42社の支払額を生保協がこのほど取りまとめた。

最新の6月分では支払額が640億円と1年前の12倍に増えた。3月(403億円)から急増し、4カ月続けて最高額を更新している。

大手の関係者は「年度初めに見込んでいた想定の支払額を上回って推移している」と話す。

『みなし入院』が92%

これまで累計の支払額は入院給付金で2893億円にのぼる。

このうち実際に入院しなくても給付金を受け取れる「みなし入院」と呼ばれる措置の支払額は92%弱を占める。

死亡保険金の支払額は累計で1455億円だった。

第7波の請求はこれから本格化するため、各社は人員を増やすなどの対応策を強化している。

住友生命保険は給付金の支払いにあたる人員を先月より40人以上多い190人へ増やす。

第一生命保険も状況をみながら人員の拡充を検討するとしている。

ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。