銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

新生銀を連結子会社化、SBI、TOBが成立‼️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

ニュースを賑わしていたSBI・新生銀行のTOB合戦も、とうとう収束となった。これからどうなるかが、肝心🤔

SBIホールディングスは11日、新生銀行に対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。

新生銀株の保有比率は47・8%になり、17日付で新生銀を連結子会社にする。

SBIは銀行持ち株会社化も視野に新生銀の企業価値の向上を目指す。新生銀が抱える約3500億円の公的資金の返済が焦点になる。

約3ヶ月のTOB、決着へ

新生銀に約20%出資するSBIは9月10日、保有比率を最大48%に高めるため1株2000円でTOBを始めた。

期限の12月10日までに買い付け予定の上限(5821万1300株)に近い5692万2199株の応募があった。

TOBでの取得額は1138億円。旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京・渋谷)もTOBに応募したもようだ。

新生銀が2022年2月初旬にも開く臨時株主総会で、SBIが推薦する会長候補の五味広文・元金融庁長官、社長候補の川島克哉SBI副社長らを取締役に選任する。

現社長の工藤英之氏は退任する見通しだ。

SBIは新生銀行をどう使うか

SBIは新生銀をグループの中核銀行に位置付け、金融事業の基盤を強化する。

子会社のSBI地銀ホールディングスを通じ、年内にも過半取得に向け銀行持ち株会社の認可申請を準備する。銀行持ち株会社になると業務範囲に制限がかかる。金融庁との協議で非金融事業を売却しないで済む組織体制を検討する。

最大の課題は公的資金の返済だ。新生銀の普通株1株当たりに割り戻すと7450円で、返済には株価を現在の4倍近くに上げる必要がある。新生銀の企業価値向上には難路が待ち受ける。

所見

敵対的TOBに発展しかけた、今回のSBI・新生銀行の買収劇。

新生銀行の公的資金返済には単純計算で株価を4倍にする必要があるが、

SBIには新生銀行を利用した価値向上の勝算があるのであろう。ここからが注目だ。

「オーケー」「関西スーパー」「H2O」の買収劇はこちらの記事を参照。

「オーケー」が「関西スーパー」の統合差し止め請求へ❗️❓ メガバンク太郎 おはようございます❗️あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊 勝負が決まったと思って...
ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。