銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

トヨタ、EVを30年に350万台販売 レクサス全てEVに‼️

メガバンク
太郎

おはようございます❗️
あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊

トヨタはEVへの投資額4兆円で、本気度を示した🤔

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、燃料電池車(FCV)といった電動車について、2030年までに8兆円を研究開発や設備投資に振り向けると発表した。

うちEVには半分の4兆円をあてる。

トヨタが本気でEVに参入する

豊田章男社長は同日、都内でEV戦略説明会を開き、EVの世界販売目標(30年時点)を従来目標の約8割増にあたる年350万台に引き上げると明らかにした。EVの競争力強化に本気で取り組む姿勢を示した。

豊田氏は説明会で、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない排ガスゼロ車(ZEV)であるEVの世界販売目標について「2030年に350万台を目指す」とした。

5月に策定した従来計画(FCV込み)の200万台から大幅に引き上げる。欧州を中心とした規制対応や需要の高まりを反映する。すでに欧州では計画の前倒しを公表していた。

レクサスは100%、EVへ

EVは30年までに30車種とする。うち高級車の「レクサス」ブランドについては、30年までに欧州、北米、中国で、35年に世界でEV比率を100%にするとも明かした。

30年までEVに振り向ける4兆円のうち、電池への投資額は2兆円とする。

9月に発表した1兆5千億円から5千億円引き上げた。豊田氏は「先進的で良品廉価な電池を実現する」と話した。

トヨタは例年、研究開発と設備投資にそれぞれ1兆円超を振り向けてきた。

今後も計年2兆円超の資金を使うと仮定すると、30年までにその半分程度を電動化にあてる計算だ。

14日の説明会では開発中のトヨタ・レクサスブランドのEV16車種を披露した。高級車ブランド「レクサス」をはじめ、小型車や多目的スポーツ車(SUV)も入った。

投資額でEV慎重姿勢を払拭

投資枠の大枠を示すとともに豊田氏が登壇して車種のラインアップの広さをアピールした。「トヨタはEVに慎重だ」との一部の見方を払拭する。

トヨタは初の量産型となる専用の車台を使った新型EV「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」を世界で22年に発売するとしている。国内では小型の「シーポッド」を法人向けを中心に商品化している。

所見

EVとガソリン車は作り方が全く違う、

トヨタがEVに切り替えることで雇用を100万人喪失すると言われているが、

さすがに踏み切ったという状況。

これは「英断」で、新たな雇用も創出すると思う。世界のトヨタであり続けてほしい。

脱炭素は全ての業界で大命題、こちらの記事を参照。

三井住友銀、取引先の排出量測定、システム販売、脱炭素を支援🤔 メガバンク太郎 おはようございます❗️あと15年でFIREを目指す、企業戦士のメガバンク太郎と申します😊 SMBC が温暖化ガス...
ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。