銀行員奮闘記
51歳までにFIREするぞ❗️❗️
今日のネタ

ロシア国債、7月にもデフォルトか 米国が利払い認めず⁉️

ロシアの外貨建て国債が、債務の支払いを実施できない「債務不履行(デフォルト)」になる公算が大きくなった。

ロシア国債の元利払いを認めない米

米財務省は24日、ロシアから国債の元利払いなどを受け取れなくすると発表した。米国の投資家への利払いが事実上不可能になる。

デフォルトと認定されれば、ロシアの国際資本市場からの資金調達がさらに難しくなる。

米財務省の特例は25日で失効し、米国の投資家はロシアからの利払いを受け取れなくなる。

次の利払いは27日の予定だったが、ロシア財務省は20日に「義務を完全に果たした」と発表している。

6月、4億ドルの利払いできなければデフォルト

もっとも6月下旬には約4億ドルの利払いを控える。

利払いには15日や30日の猶予期間が設けられている。

この猶予期間を過ぎても投資家が利払いを受け取れない場合、7月にもデフォルトと認定される可能性がある。

通常は格付け会社が、デフォルトが生じたかどうかを判断する。しかし、主要格付け会社はロシア国債などの格付けから撤退している。

このため、国際スワップ・デリバティブズ協会(ISDA)傘下の決定委員会がデフォルトを認定するとみられている。

決定委員会は、デフォルト時に元利金を受け取れる「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」と呼ばれる保険に近い商品の対象債券について、デフォルトの是非を判断する。

デフォルトに認定されると、CDSの売り手が元利金の支払いを迫られる。主なCDSの売り手は欧米の金融機関とみられている。

ロシアは国際資本市場から排除か

野村総合研修所の木内登英氏は「(CDSの売り手である)大手の金融機関の規模からすると、元利金は問題なく支払える金額とみられ、市場の混乱を懸念する声は少ない」と話す。

その上で「ロシアはデフォルトを最後まで認めない可能性が高く、国際資本市場に復帰するには相当な時間がかかるだろう」とみている。

所見

一般の投資家はロシアには投資しないだろう。

中国やインドなどが、救いの手を出すか。

国際資本市場から排除されたら、どうなるか末路を見届けたい。

ABOUT ME
メガバンク太郎
とあるメガバンクで働く16年目の中堅行員です。30年目(51歳)では別会社に出向(給料激減)する運命の業界、それまでにFIRE※出来ないか真剣に考えるようになりました。 妻、子供5人の大家族で生活費もかさむ中、少しでも収入を増やすための「自己成長」、無駄遣いをしない「倹約」、お金を増やす「資産運用」の3つの軸で自らを律する為にブログを始めます。 ご覧になった方へ少しでも有益な情報にするためにも、精一杯がんばります。 ※Financial Independence, Retire Early=「経済的自立と早期リタイア」
稼ぐブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。